店舗名・商品名・デザインがパクられたらどうする?

その他

商標の戦いは、大人のケンカにゃ。知識を身に着け法律を味方にするのにゃ。

商標

第三者に店舗名・商品名・デザインをパクられた時は「商標」で戦います。デザインの場合は著作権でも戦えます。まず商標とは、”他者の商品・サービスと区別するための言葉・マーク”のことです。商標権があれば独占的に使用できます(=他人が使用した場合は排除可能)

例えば、、、

引用:スターバックス


スターバックスのロゴマークや、「スターバックス」という店名などが商標です。

最悪の場合
相手が既に商標登録していると、損害賠償を支払わされる。これまで使用していた店舗名・商品名・デザインを使用できなくなる。謝罪広告を掲載する。これは罪悪ですよね。でも実際にこういうことはあります。

これは極端に悪意がある例ですが、マリカー事件では、旧マリカー社から任天堂へ5,000万円の支払いが命じられています。渋谷などで外国人などがゴーカートで街中を走っているの見たことありますよね。”マリカー”と名乗って営業をしていたことに対して任天堂がキレた!という事件。※商標だけでなく著作権、不正競争防止法などを理由に裁判したようです。

金銭的なダメージはもちろんですが、店舗名等を変更してしまうとこれまで培ってきたブランド力が失われてしまいます。まずは自分が他人の商標を違反していないのかチェックが必要です。

対処法(商標調査をする)

まずは使用している店舗名・商品名が他人の商標を侵害していなのか調査が必要です。もし侵害の可能性があるなら、店舗名・商品名の変更を検討する必要があります。私も調査できますが、、ネットで「商標侵害調査 依頼」と検索すれば業者がヒットします。

対応法(相手の商標を潰す)
・第三者の商標が冒認出願(第三者による悪意の出願)であれば潰すこともできます。例えば、、損害賠償を請求するためだけに私が勝手に「スターバックス」と商標出願をする、というようなパターンは潰せます。

・相手の商標が3年以上使用されていなかったら、”不使用取消”といって潰せます。

対処法(商標出願をして登録する)

自分が安全に店舗名・商品名を使用したいのなら、弁理士に依頼して商標出願を行いましょう。私は弁理士資格ないので、出来ないです、、、。ネットで検索するとすぐ出てくると思います。「スピード出願!1件あたり調査費用0円・出願手数料1万円!」みたいな。安いなと感じる方がいると思いますが、出願するだけなら3分あれば出来ます。簡単なんです。

 商標は”出願→審査→登録→更新”という流れになります。
 そのため4つの工程にかかる費用を確認して弁理士を探してください。

 ※中間処理というのがあまりイメージつかないと思いますが、出願した商標に対して特許庁から”登録できません!”と連絡が来ることがあります。それに対して”いやいやこれは登録出来ます”と反論する工程が中間処理と呼ばれます。弁理士の力量が試されるところです。



最後のポイントですが、商標は先願主義といって、”先に出願したもの勝ち”の制度です。パクられたら困るという方は、いち早く弁理士に相談してください。私も答えられる範囲で良ければ相談に乗ります。かなりざっくりと書きました。要望があればもう少し細かく書こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました