【ネタバレなし】終末のフール あらすじ・感想・口コミ

インドア

自分の生き方を見つめ直したくなる、そんな素敵な小説にゃ。

あらすじ

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。

そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。

仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。

彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の復讐。

はたして終末を前にした人間にとって幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。※引用:集英社文庫

感想

世界が終わる設定ですが、心温まる作品となっています。

8つの章に分かれているいわゆるオムニバス形式。各章の登場人物が他の章でも少し登場することで物語の厚みを感じます。

残された時間をどう過ごすのかで、その人が分かりますよね。

「生きられる限り、みっともなくてもいいから生き続けるのが、我が家の方針だ」というセリフがあります。

めちゃくちゃカッコ良いなーって沁みました。生きてれば困難にぶつかり、死にたいと思うこともあるかもしれません。

でもこの言葉が胸にあれば、理屈をぶっ飛ばして生きることを選択できる気がする。

家族愛に満ちた素敵な言葉ですよね。我が家の家訓もこれにしようかな?

好きなセリフ

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?(省略)あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

あなたなら残された時間をどう過ごすのにゃ?もし今と全く変わらないと答えたあなたは、世界一の幸せ者かもしれないにゃ。

口コミ

登場人物がリンクする短編集。 惑星が衝突するって前提で、パニックものかと思ってましたが、全く違いました。優しい話です。

読書メーター Hidezo

唐突に「世界の終わり」が知りたくなって読んだ。舞台は仙台だけれど、設定が特殊で3年後に小惑星が衝突して地球が滅亡するのだという。思っていたほどどうしようもない絶望感はなく、残された日々をできる範囲で懸命に生きる人たちの物語だった。でも荒れた時期が背景にはあってシビアなところもある。擬似家族を描いた「演劇のオール」が一番好き。たとえ虚構でも縋れるなら縋っといた方がいい。

読書メーター これ

同じ舞台の中の違う人の話で、その人達同士は少しずつ繋がっている作品の集まりでした。初めての伊坂幸太郎さんの作品。ゴールまでの距離がわかっている状態で、私は何をするかなと考えてしまうお話でした。

読書メーター ayumi

3年後に滅びる世界。何もかも失われないということが自分の根底にあるから、日常を生きていけるのかもしれない。数年後世界は滅びるといわれたら自分がどうなるか、怖くて想像できない

読書メーター 季秋

是非、ご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました