【ネタバレなし】それ自体が奇跡 あらすじ・感想・口コミ

インドア

「それ自体が奇跡」という小説を紹介するにゃ。結婚を考えている方や、新婚の方には特におすすめにゃ。

あらすじ

百貨店で働く貢と綾は結婚三年目。

 

貢は婦人服売り場、綾は紳士服売り場で働いており、社内結婚だった。

 

貢はもともと百貨店のサッカー部に所属していたが、廃部に。

 

しばらくサッカーとは無縁の日々を過ごしていたが、ある時社会人サッカーチームの強豪「カピターレ東京」からスカウトを受ける。

 

綾の反対にあいながらも、入団を決意する貢。仕事よりも試合を優先しがちな貢に、上司も不満を募らせていく中、綾ともすれ違いはじめ――。


一方、綾は売り場に訪れた天野という男と映画や食事に行く関係に。貢よりも趣味が合う天野が徐々に気になり始める綾だが――。



結婚三年目にして初めて訪れる大きな危機を、2人は乗り越えられるのか!?

感想

夫、妻を愛し続けることの難しさと素敵さを表現した作品でした。

タイトルの「それ自体が奇跡」とはまさにその通り。

大人が本気で仕事を取り組む、サッカーをする姿はかっこよかったです。30歳ならではの肉体の衰えを感じながらも、エレベーターは使わずに階段を使うなどしてトレーニングするところもまた良いですね。

結婚三年目に訪れた危機を一年間に渡り描いています。”三年目の浮気くらい~”なんて曲もありますもんね。

夫婦の間に流れる微妙な空気感の描写がかなりリアルで、こっちまでいたたまれなくなります。

だんだん目が合わなくなって、、会話が業務連絡になり、、でも挨拶だけはするけど、、

何となく家にいたくない、、恐ろしいですね。

時と経験と共に夫婦の関係性も変わっていき、ラストに向けてじわじわと感動が込み上げてきて、良い読後感でした。

今一度自分を見つめ直せたり、チャレンジしたい、仕事を頑張ろうなど前向きになれる小説面白いです。

好きなセリフ

「結婚はそれ自体が奇跡だと思います。人が人を認める。紙切れ一枚で、あなたのことが他の誰よりも好きだと公的に表明する。表明してもらえる。それは、人として大きな自信になります。」

 

このセリフは痺れたにゃ!かっこよすぎる!素敵すぎる!このセリフを胸にこれから生きていくぞ。

口コミ

確かに紙切れ一枚で、その人を愛することを宣言するっていうことはある意味奇跡なんでしょうね。最後の終わり方には色々と考えさせられるものがあります。本当にこれでこの夫婦はやっていけるのか。ある意味それを解消するのも紙切れ1枚なのですが。

引用:読書メーター totuboy

タイトルの由来って何なんだろう?と思ってたら、成る程そういう意味でしたか❗️ 幾多の偶然や選択が重なって出会い、恋愛に発展してそして結婚。 確かに奇跡だ✨ 自分にも身に覚えのある事柄でしたので、どうしても貢目線で読み進めてました。 男はね~いつまでたっても好きな事を追い続けてしまうものなのですよ、、 自分も35歳でなりたかった職業に転職したし😅 嫁さんにも苦労かけたな~(今頃反省) でも少し距離を置いたからこそ相手の事が冷静に見え解りあえる事もあるし、雨降って地固まるになるといいですね

優しい小説。タイトルの、それ自体が奇跡の意味が分かった時、とても心が温まった。表紙と、表紙をめくった所が凝っているのも良かった。

引用:読書メーターAyakankoku

優しい小説。タイトルの、それ自体が奇跡の意味が分かった時、とても心が温まった。表紙と、表紙をめくった所が凝っているのも良かった。

引用:Ayakankoku

同じ百貨店に勤める田口夫婦。お互いを好きになる。みんなの前で好きを宣言する。結婚、夫婦それぞれの形。ほんとに奇跡だなぁと思う。好きなことを始める夫に、とまどう妻。好きなことはしたらいいと思うけど、二人で生活する上で全力で応援は難しい。そうだよね。そうだろうね。がいっぱいあった。

引用:読書メーターmiu

是非、ご一読ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました