【レビュー】二ノ国 白き聖杯の女王の感想 ジブリの世界観に浸る

インドア
引用:二ノ国公式サイト

映画級ファンタジーRPG!超王道です。

ジャンルファンタジーRPG
ハードSwitch,PS4,PC
発売日2019年9月20日
発売元バンダイナムコ
企画レベルファイブ
プレイ時間約30時間

目次

   絵がとにかく可愛い

   音楽の美しさ

   「心」を描く美しいストーリー

   イマージェン育成の楽しさ

   マジックマスターのクオリティーが半端ない

   最初はファストトラベル機能がなく移動に時間がかかる

どんなゲーム?

事故で母をなくしてしまった主人公のオリバー。涙に暮れるオリバーの前に、ナミダの大妖精シズクが現れる。オリバーが住む一ノ国と、表裏一体の二ノ国に行けば母を助けられるかもしれない。幼いながらも母を助けたい一心で大冒険へ。作画はスタジオジブリが担当、音楽は久石譲が担当し、まさにプレイするジブリと言える作品。

二ノ国は魔法が使える、ネコや妖精、人間など色々な生き物がいる世界。少年オリバーの成長と仲間との出会いと友情を描いた作品です。

正直プレイする前は”子供向けでしょ?”と思っていましたが、めちゃくちゃ楽しいです。大人も楽しめますよ。

戦闘システム

引用:二ノ国公式サイト

リアルタイムコマンド選択バトル。ポケモンとファイナルファンタジーを足したような戦闘システム?になってます。自分で捕まえて育成できるイマージェンを駆使し、魔法を使い戦います。戦闘は簡単なのでゲームが苦手な方でも安心して遊べますよ。簡単に見えますが、実はかなり奥深い!イマージェンの属性、育て方、仲間の誰を操作するのか、敵の行動に合わせてガードなど選択肢は無限。

「二ノ国」のココが面白い

絵がとにかく可愛い

街、オープンワールド、登場人物、敵、イマージェン、、、全てが可愛いです。さすがスタジオジブリ。街はついつい探索したくなり、あっという間に時間が過ぎていきます。またイマージェン・敵が可愛すぎます。倒したくないって思いますね。なくなく倒しますが、、絵に癒されること間違いなし。

音楽の美しさ

音楽はジブリを担当している久石譲さんが作曲。オープンワールドの音楽、街、戦闘などゲームには多くの音楽があります。普段はあまり音楽に注目していないですが、二ノ国では少し立ち止まって音楽を聴くことも多かったです。絵と音楽がマッチしており世界観にどっぷり浸かって、もう抜け出せない。

「心」を描く美しいストーリー

二ノ国で恐れられている漆黒の魔導士ジャボーによって心をなくし”ヌケガラビト”になってしまった人々がいます。主人公は心の欠片を集めてヌケガラビトに渡すことで、心を取り戻していきます。「誰かの心でのみ誰かの心を取り戻すことが出来る」って何か良いですよね。美しいです。私の心でも誰かを癒すことが出来るのかな?私の心の欠片って何だろう、、勇気?我慢?優しさ?

イマージェン育成の楽しさ

引用:二ノ国公式サイト

敵を倒すことで仲間に出来る。イマージェンで戦闘したり、おやつをあげて、進化させて育成。ポケモン的な?育成の楽しさがあります。誰を育てそうかな?ってワクワクできます。なんせみんな可愛いので、選ぶのは心苦しいです、、みんな育てたい!

マジックマスターのクオリティーが半端ない

引用:二ノ国公式サイト

一冊の本として出版して欲しいくらいのクオリティーです。冒険していくと少しずつページが増えていき、マジックマスターを作る楽しさを味わえます。私が特に凄いと思ったのは、寓話のような物語です。その土地に語り継がれる伝説を読むことで、より二ノ国を知ることが出来ます。

残念なところ

ファストトラベル機能がなく移動に時間がかかる

クエストをクリアするために街から街へ移動することが必要ですが、最初はファストトラベル機能がないのでとにかく時間がかかります。移動がめんどくさくてクエストは少ししかやろうと思えなかった。

総評

間違いなく神ゲーです。これまで二ノ国シリーズをプレイしてこなかった自分をパンチしてやりたい気分です。他の作品も絶対プレイするぞ!ストーリー、映像、音楽、システムどれをとっても大満足。RGP好きなら必ずプレイすべき作品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました