【ネタバレなし】アンマーとぼくら あらすじ・感想・口コミ

インドア

複雑な家族関係と沖縄を美しく描いた作品にゃ。

あらすじ

母の予定に付き合う約束で沖縄に里帰りしたリョウ。

実の母は子供の頃に亡くなり、再婚してリョウを連れ沖縄に移り住んだ父ももういない。

休暇は三日。家族の思い出の場所をめぐるうち、リョウは不思議な感覚にとらわれる。

この三日が、恐らくタイムリミット。三日目が終わったら……終わったら、どうなる?

「過去は変えられない。分かるよね?」
「言いたかったことは、今の君が言えばいい」
「頑張れ。君はもう大人なんだから」

一体、ぼくに何が起こっている? ※引用:アマゾン

感想

血のつながっていない母と沖縄の名所を回りながら物語は進みます。

現在の母と主人公の関係性、過去の父・実の母・新しい母・主人公の思い出を交互に描いていきます。

一番の見どころは、複雑な家庭環境を家族で乗り越えていくところ。


主人公は、慣れない沖縄を嫌い、亡くなった実の母を思い出す、新しい母とぶつかる、地元北海道を忘れたがる父とぶつかる。

ゆっくりと時間をかけて丁寧に乗り越えていく描写は、感動的。


子供っぽく自由奔放だけど、どこか憎めない父のキャラクターがもう一つの魅力。

自分の親の嫌な要素も、知らず知らずのうちに自分に遺伝しています。

それを受け入れる瞬間ってありますよね。それを感動的に、でもさらっと描かれているのが、”有川さんかっけー”と興奮しました。


沖縄の美しさを丁寧に描写しているのも魅力。まるで沖縄旅行している感覚になりました。時間の流れさえゆっくりに感じた。

好きなセリフ
「おかあさん、おかわり」

この何気ない一言が言えるようになるまで紆余曲折あった。子供の成長を感じさせる一言。おかあさんとしては、一生忘れられない瞬間になったと思うにゃ。

口コミ

晴子さん、こんなにも優しい人がいるなんて、、読みやすい本で、私の予想とは違った終わり方だった。最後は泣きそうになった

読書メーター のぶのぶ

最初泣いたのは参観日に描いた母の絵。 今の母ではなく実の母。 しごとの話はしない!?。 夕食時に初めて「おかあさん」ってまた泣けた。 未来から来たのか?。 お父さんが死んでおかあさんが泣く時!また泣けた。 先生が喧嘩両成敗!泣けた。 「竜の守る島」大泣き😭。 いい作品でした。

読書メーター ひかる

久しぶり&「ひろ」表記になってからは初めて買った有川さん。いいなぁやっぱり。きっとそういうことなんだなと展開は読めるのだけど分かっててもふとした一文が心を抉ってくる。有川さんの描く大人はみんな大人らしからぬ純粋さをさらけ出すことを厭わない。残波岬から「おかあさん」になるまでのやり取りに涙。でも1番自分の心を打ったのは金ちゃんだな。家族の物語でもあり友達の物語。ああいう寄り添い方、カッコいいの一言。ひとつ残念なのはタイトルの「アンマー」が内容にさほど生かされてない気がすることかな…

読書メーター kira

最近の自分を思い出せなかったり、過去の自分と繋がったりと不思議な体験をしながら、育ての“おかあさん”と沖縄で最期の3日間を過ごす。 3日目を終えた時、一瞬“ぼく”が一体どこにいるのかわからなくなった。そして、状況がわかると涙が…。読後、心をスッキリ洗い流されたような感覚になった。

読書メーター mug

是非、ご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました